ホーム > 塗り替えをお考えの方へ「個人・一般のお客様へ」 > 失敗しないためのポイント

失敗しないためのポイント

規模が住宅は大きいため、問題が何か生じた際に外壁塗装などを行う場合は、まとまった費用が必要となります。外壁塗装で失敗することは、大切な家を守るためにも、そして資金を有効活用するためにも避けたいところです。
こちらのページでは、千葉県の塗装工事、外壁リフォームを請負う「トップクラフト」が外壁塗装で失敗しないために、おさえておきたいポイントをご紹介します。

外壁塗装業者選びの5つのポイント

ポイント1保証内容を確認しましょう!

保証制度があることだけを謳っている業者もいるようですが、肝心なのは保証内容です。 しっかりした条件であり、さらに書面で提示したうえで説明してくれる業者を選びましょう。 保証が受けられる条件、上限金額も確認しておくと良いでしょう。 アフターサービスや保証自体がない業者もありますが、手抜き工事をそういった業者は行う可能性もあるので、契約前の確認は怠らないようにしましょう。

ポイント2中間マージンにご用心!

リフォーム会社やハウスメーカーでは、外注の業者に外壁塗装を出すケースが多く、その場合中間マージンが発生します。塗装費用が中間マージンによって上がるので、塗装専門業者に依頼した場合の方が金額を抑えられるケースが多いといえます。

ハウスメーカーやリフォーム会社と当社の見積もりを比べて、「見積もり金額が同じ塗料を使っているのに、こんなに違うなんて!」と驚かれるケースも少なくありません。中間マージンをカットし、少しでも費用を安くしたいとお考えの場合は塗装専門の業者がおススメです。

ポイント3極端に安い業者にも要注意!

「少しでも安く」と思われるのは、少なくない金額が掛かる外壁塗装においては当然ですが、その心理につけ込んで手抜き工事や質の悪い塗料、人件費の安い経験の浅い職人で原価を抑え、価格を安く見せかけている業者もいるので要注意。合計金額だけで見積書をチェックするのではなく、明細から、塗料の種類やどこまでの作業が含まれているかなどを比較しましょう。

質の悪い塗料が使われたり、手抜き工事が行われたりした場合だと、塗装がすぐにまた傷む可能性が高く、再塗装が必要になるケースも珍しくありません。コスト負担が長期的に見た際にかえって増えてしまうかもしれないので気をつけましょう。大幅な値引きは適正価格を提示している業者は出来ないので、極端な値引きを行っている業者には注意が必要です。

ポイント4スタッフ紹介をチェックしましょう!

ホームページなどで、しっかりと社長や職人、営業担当者などを紹介している会社は、サービスと施工品質に自信がある場合が多く、所在をハッキリさせているために安心して依頼出来ます。
しかし、社長やスタッフの詳細を公開していないような業者だと、何か問題が生じた際に所在がハッキリしないケースがあります。そういった危険性のある業者には依頼しないことが賢明だといえるでしょう。

ポイント5塗料ごとの塗装回数をチェック!

外壁の塗り回数は下塗り、中塗り、上塗りの3回など、適正回数が塗料ごとに定められています。この回数を減らすと適正な塗膜の厚みが得られずに耐久性が下がります。

反対に5回塗りを打ち出している業者も存在しますが、塗料ごとに定められた適正量を守っておらず、塗膜の厚みが変わってしまうため、後に弊害が生じる可能性があります。ただ多く塗ればいいというわけではありません。塗装は、丁寧で基本に忠実な作業を進めていくことが大切なので、業者の塗装回数をチェックすることをおススメします。

失敗しない色選び

色選びは、外壁塗装でよくある失敗のひとつです。「もっと明るい色にすればよかった」「思っていたイメージと色が違う」「実際に塗ってみると、派手過ぎた」などという声をよく耳にします。決して安い金額と外壁塗装はいえないため、「気に入らなかったからもう一度塗り直そう」という具合にはいきません。

塗料の色は通常、カラーサンプルを見て選択しますが、実際に塗った際、サンプルだけを見て選んだ場合「イメージと違った」とミスしがちです。下記の4つのポイントを、色選びで失敗しないためにも抑え、お客様のお好みの色を選択できるよう心がけましょう。

ポイント1どんなイメージの色が好みか

それぞれの色にはイメージがあり、イメージにあった選択をすることが外壁塗装をするうえでも大切です。落ち着いた色、明るい色、かわいらしい色、シャープな色、和風の色など、お好みのイメージをお聞かせ下さい。展示場で見かけたモデルハウスの写真や雑誌の切り抜きなどがあると、イメージが伝わり易くなります。

また、トップクラフトではパソコンで塗装の色を確認できる「カラーシミュレーション」を導入しています。実際の建物の写真をお借りしてパソコンにデータとして取り込むことによって、画面上で色を変更。外壁塗装を実際に行った際にどのような仕上がりになるのか、イメージがつきやすくなります。

ポイント2面積で変わる色の見え方

人間の目は小さな面積の色が暗く見え、大きな面積の色が明るく見えるという錯覚を起こします。
上の正方形はどちらも同じ色ですが、右の方が明るく見えるのではないでしょうか。実物の家に比べてカラーサンプルはずっと規模が小さいので、サンプルのイメージでいると「派手になり過ぎた」「思ったより色が明るい」という結果になってします場合があります。
トップクラフトではお客様の持つイメージに近付けるため、ご指定になった色より若干濃度の濃い色をおススメしております。

ポイント3塗らいない場所とのバランスを考えましょう

外壁を塗装する際、ドアやサッシには養生をするので塗装は行いません。色選びでは、その塗料を塗らない部分とのバランスを考えることが大切です。玄関タイルやドア、サッシ、屋根瓦などを観察し、暖色系、寒色系、重厚、シャープ、かわいらしい、といったイメージを掴んでおきましょう。洋服を着る時、小物とカラーコーディネートをするような感覚で選ぶと、失敗し難くなります。

ポイント4色を塗り分ける場合は同系色で

軒天や破風など、色をパーツによって塗り分ける場合は、濃度を変えた同色系の色を選ぶと、統一感が出て落ち着きます。色を使いすぎると同色系でも落ち着きがなくなるので、3色程度までにとどめましょう。アクセントカラーを入れる場合はワンポイントにとどめると、個性的な印象が演出できます。

▲ページの先頭へ